メキシコ・アステカ族に伝わる抗菌作用ハーブ。
  メキシコ、マヤに伝わるハーブの一種。抗菌作用に優れる。特殊な土壌と、気候条件が必要とされ 栽培は不可能とされていたが、ミヤモンテ農場にて栽培が可能になる。

 



通称はメキシコ アステカ族に伝えられたチリアカン。そしてメキシコ料理などのスパイスとして使われた。虫下し等にも利用していた。 植物は20−70センチに成長する多年生の草質茎の植物で黄色い花を咲かせる。

この植物の根の部分はスパイスの利いた味をだし唾液の分泌作用をおこす。 香辛料、歯痛のときに噛む、アルコールでの抽出液は麻酔のようにも用いられた。

1903年 : ミゲル教授はチリアカンを分析を試みて一種のアルカロイドを見つけた。

1945年 : 殺虫薬の効果、歯の痛みを削除し歯を白くする。 風邪からくる頭痛を押さえ動物などによる傷の毒性を除去する。 暖かく湿気の多い地域の治療薬として大切に使われてきた。

消化と唾液の分泌/抗菌作用は知られているが、 その他に内蔵分泌と血行の影響による神経の働きの調査も興味深い。

その他に抗菌作用が強いので水虫、風邪のうがいなどに使用できる。



Solution
Main

----------------
DANA
History
Experiments
Dr. Luiz
----------------
Fulvic Acid
Challenges
History
Patent
Certificate
Chelate
Farming
Waste Recycle
----------------
Chilcuan